MENU

待つより攻めるのが大事な出会い掲示板での行動指針

出会い掲示板は今や若者にとっての恋活の場と言っても過言ではなく、出会いの有効なツールとなっています。

 

そんな出会い掲示板ですが、効率の良い出会いを実現するには、それなりの攻略法が必要になってきます。

 

出会いを実現するには、書き込みでのアプローチが欠かせませんが、その際、気になるのが待ちの姿勢に徹するか、それとも攻めるかです。

 

掲示板を利用して行動していく場合、待つより攻める方がやはり大事なのでしょうか。

 

 

基本はやはり攻めの姿勢が大事

出会い掲示板で恋人を探すなら、女の子は基本的に男子からのアプローチを待っているので、出会いたいならやはり攻めの姿勢が大事でしょう。

 

受け身の女性に対しては攻める方が効果的なので、男性は積極的に自ら検索をして良いと思った人にはすかさずアタックしていくのが一番です。

 

つまり、まずは男子からファーストメールを送るのがオススメで、女子の募集に対して投稿するのが手っ取り早いと言えます。

 

攻めの方法に徹した方が出会えるスピードは早くなり、その分、出会える人数も増えることになります。

 

待ちの姿勢よりもコストがかかるリスクはあるかもしれませんが、攻めの戦法をとれば、それだけ会える確率が高くなるのは事実です。

 

募集している女子の中から良いと思える相手を選んで積極的にメールを送るという攻めの方法は、まさに出会い掲示板での常套手段なのです。

 

自ら攻める方法は、いくらでもチャンスが広がるので、待つよりもチャンスが多く、早く出会うことができますよ。

 

 

待つ方法にもメリットはある

実際に出会い掲示板を利用する場合、男性は女性に攻めの姿勢で積極的に臨んだ方が効率は良いのは確かです。

 

なぜなら男子からのアプローチを待っている女子が多いからで、そういう意味では攻めの姿勢の方が功を奏すことが多いのです。

 

ただ、女性の場合、メッセージを載せる割合は男性と比べるとかなり少ないので、一人の女性にメールが殺到する可能性が高くなります。

 

そうなると大量に届くメールに対して引いてしまうのが女性で、特に内容が過激なものであると返信するのが怖くなってしまいます。

 

女性は自らメッセージを出すというよりは、待っている男性のメッセージを見てからメールをするケースが意外と多いので、そういう意味では待つという方法もありでしょう。

 

男性からのメールが沢山届くと、女性は返事するのが面倒くさくなるもので、次第に自分で掲示板を見て合いそうな人に自らメールする傾向にあります。

 

女性にとってはその方がしっかりと選べるので、待つという方法も悪くはないですよ。

 

 

待ちもありだが、最終的には攻め

待ちの姿勢というのは、ある意味合理的で、色々な女性がメールをくれる可能性があります。

 

自分に興味を持った女性からメールが来た場合、話も進めやすく、自分に興味のない人を攻めるよりも効率的で展開も楽です。

 

攻めで積極的に口説くよりも、自分に興味を持ってくれた人を口説く方が成功率は高く上手く行きやすいです。

 

 

ただしだからと言って待ちの姿勢に徹していると、いつまでたってもメッセージが来ない可能性があります。

 

よほど魅力的なプロフでない限り、女性が興味を持ってメールをくれることは少ないので、待っているだけでは厳しいのが現実です。

 

利用者は圧倒的に男性の数の方が多いので、やはり最終的には男は攻めの姿勢を忘れてはいけません。

 

女性の場合は待っていても男性から沢山メールが届きますが、男性の場合、女性からはメールは中々もらえません。

 

男女のバランス比率を考えると、基本的に男性は攻めるべきで、待ちの姿勢では出会いは成就しにくいことを覚えておいた方がいいでしょう。

 

 

まとめ

出会い実現のために掲示板を利用するのはオススメなのですが、戦略として迷うのが攻めの姿勢でアタックするか待ちに徹するかです。

 

基本的に男性は待つのではなく、女性に対しては積極的に攻めた方が効率は良く、出会いのチャンスは広がります。

 

ただ、待つという方法にもメリットはあり、興味を示してくれた女性と話をすれば進展しやすいです。

 

しかし絶対数から言うと男性の数が女性よりも圧倒的に多いので、基本、出会い掲示板では男性は女性に対して攻めるのがセオリーと言えるでしょう。

このページの先頭へ